白泉社でおもしろかった漫画一覧
白泉社でおもしろかった漫画のタイトル一覧(6)
つぶやいてます(9)
★★花とゆめ(0)
暁のヨナ(草凪みずほ)(23)
高嶺と花(師走ゆき)(6)
なまいきざかり。(ミユキ蜜蜂)(9)
黒伯爵は星を愛でる(音久無)(7)
スキップ・ビート!(1〜20)(2)
スキップ・ビート!(21〜最新刊)(仲村桂樹)(12)
それでも世界は美しい(椎名橙)(15)
コレットは死ぬことにした(幸村アルト)(6)
ぽちゃまに(平間要)(7)
贄姫と獣の王(友藤結)(3)
シスターとヴァンパイア(暁)(1)
神様はじめました(1〜20)(21)
神様はじめました(21〜25)完結(鈴木ジュリエッタ)(5)
学園アリス(1〜20)(20)
学園アリス(21〜31)完結(樋口橘)(11)
NGライフ(1〜9)完結(草凪みずほ)(9)
★★別冊花とゆめ(0)
マダム・プティ (高尾滋)(9)
パレス・メイヂ(久世番子)(6)
おちくぼ(山内直実)(3)
桜の花の紅茶王子(山田南平)(3)
嘘解きレトリック(都戸利津)(7)
オレンジチョコレート(1〜13)完結(山田南平)(2)
JIUJIU 獣従(1〜5)完結(トビナトウヤ) (1)
執事さまのお気に入り(1〜21)完結(伊沢玲)(22)
★★ザ・花とゆめ(0)
ニブンノワン!王子(1〜7)完結(中村世子)(7)
植物図鑑(堤翔・原作有川浩)(2)
忘却の首と姫(1〜7)完結(惣司ろう)(7)
★★LaLa(0)
赤髪の白雪姫(あきづき空太)(17)
図書館戦争(弓きいろ)(15)
別冊図書館戦争(弓きいろ)(3)
狼陛下の花嫁(可歌まと)(16)
ウラカタ!!(葉鳥ビスコ)(5)
夏目友人帳(緑川ゆき)(21)
おとめとメテオ(1〜2)完結(田中メカ)(1)
ちょっと江戸まで(1〜6)完結(津田雅美)(1)
ストレンジドラゴン(1〜3)完結(石原ケイコ)(3)
おいらんガール(1〜3)完結(響ワタル)(1)
★★アネLaLa(0)
オトナの小林くん(森生まさみ)(2)
★★LaLaDX(0)
世界で一番悪い魔女(草川為)(3)
天堂家物語(斉藤けん) (2)
砂漠のハレム(夢木みつる)(4)
恋だの愛だの(1~11)完結(辻田りり子)(11)
帝の至宝(1〜6)完結(仲野えみこ)(1)
★★Melody(0)
大奥(よしながふみ)(14)
そこをなんとか(麻生みこと)(12)
お伽もよう綾にしき(ひかわきょうこ)(5)
なかじま、なかじま(1〜3)完結(西炯子)(3)
一の食卓(樹なつみ)(3)
花咲ける青少年・特別編(樹なつみ)(3)
プリーズ、ジーヴス(1〜5)完結(勝田文)(5)
★★ヤングアニマル(0)
3月のライオン(羽海野チカ)(12)
ベルセルク(三浦建太郎)(15)
★★シルキー(0)
イシャコイー医者の恋わずらいー(林久美子)(6)
野獣は激しく奪う(水谷京子)(6)
オットに恋しちゃダメですか?(藤原晶)(5)
結婚×レンアイ(萩尾彬)(2)
GAME(スーツの隙間)(西潟まい)(2)
★★楽園(0)
14歳の恋(水谷フーカ)(6)
ディアティア(かずまこを)(4)
白泉社のコミックを買うために(2)
★★白泉社文庫(4)
水玉ハニーボーイ(池ジュン子)(1)

2017年05月22日

神様はじめました(25.5) 鈴木ジュリエッタ ファンブックに描き下ろし あらすじ、ネタバレ注意

神様はじめました(25.5) 白泉社でおもしろかった漫画



 25巻で見事に完結したんですが
 公式ファンブックで25.5ってのがでました

 普段、ファンブックは買わないんですが
 描き下ろしが32P入ってるっていうので、買っちゃいました。


神様はじめました(1) 神様はじめました(2) 神様はじめました(3)
神様はじめました(4) 神様はじめました(5) 神様はじめました(6)
神様はじめました(7) 神様はじめました(8) 神様はじめました(9)
神様はじめました(10) 神様はじめました(11) 神様はじめました(12)
神様はじめました(13) 神様はじめました(14) 神様はじめました(15)
神様はじめました(16) 神様はじめました(17) 神様はじめました(18)
神様はじめました(19) 神様はじめました(20) 神様はじめました(21)
神様はじめました(第22巻)
神様はじめました(第23巻)
神様はじめました(第24巻)
神様はじめました 25 [ 鈴木ジュリエッタ ]
神様はじめました 25.5 公式ファンブック [ 鈴木ジュリエッタ ]

神様はじめました(25.5) あらすじ



「神様はじめました」全25巻にわたるキャラ&ストーリー徹底解説

 8年に及んだ連載のカラーイラスト大全
 読者投票で選ばれた一番好きな話数&台詞発表
 初公開の最終回下絵32p
 そして連載を終えた鈴木ジュリエッタ先生によるロングインタビューなど見応え抜群ファンブック

 ◆描きおろしまんが「その後の2人」32p収録。

 2016年12月刊。





神様はじめました(25.5) ネタバレ注意



 最終回から10年後、って設定での漫画です
 描きおろしまんがは「その後の2人」32p

 巴衛と奈々生はラブラブ生活を満喫中で
 巴衛は、悪羅王の生まれ変わりのきらら(女の子)をかわいがってます
 鞍馬を愛しているあみちゃんは、鞍馬山での跡取り問題が終わりそう、ってきいて
 鞍馬が下山するかも、ってうれしいの
 で、妖怪じゃなくなった、って後悔があるのかも、ってずっと思っていた奈々生に
 人間になったことで、孤独からは解放されたんだよ、って
 
 その後が読めて良かったです

 おススメです(^^)

 
 
 白泉社の漫画(花とゆめ、ララ、メロディ、他)で、おもしろかった漫画を紹介するブログ。←のTOPはこちら。あらすじ、ネタバレしてある漫画のタイトル一覧です。別窓で開きます。

 コミックはネットオフでも安く買えます。1600円以上で送料無料(キャンペーン中だと3冊で無料)

 ネットオフやアマゾンの中古以外にも新刊漫画を合法的に安く買う方法とかも駆使しておりますので←お役に立つとうれしいです。(別窓で開きます)



★★白泉社の漫画で、おもしろかった漫画をネタバレ中
★★集英社の少女漫画で、おもしろかった漫画をネタバレ中
★★外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかった漫画をネタバレ中
★★講談社の漫画、小学館の漫画、角川の漫画、秋田書店の漫画で、おもしろかった漫画をネタバレ中
  ↑
 クリックで、別窓が開きます。









 
 




posted by 花とゆめの最新刊、最終巻のあらすじ、ネタバレ at 00:00 | TrackBack(0) | 神様はじめました(1〜20) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

暁のヨナ(23) 草凪みずほ 最新刊 真国の二人の王女 あらすじ、ネタバレ注意

暁のヨナ(23) 白泉社でおもしろかった漫画



 4龍が集まって、いよいよスウォンと決戦か
 と思ってたのに
 4龍には試練がめじろおしだし
 ハクはヨナが好きでしたが
 ヨナもハクが好きだって自覚したのに
 二人の仲は片恋両想い中で、っとぐるんぐるんです


暁のヨナ(1) 暁のヨナ(2) 暁のヨナ(3) 暁のヨナ(4) 暁のヨナ(5)
暁のヨナ(6) 暁のヨナ(7) 暁のヨナ(8) 暁のヨナ(9) 暁のヨナ(10)
暁のヨナ(11) 暁のヨナ(12) 暁のヨナ(13) 暁のヨナ(14) 暁のヨナ(15)
暁のヨナ(16) 暁のヨナ(17) 暁のヨナ(18) 暁のヨナ (19) 暁のヨナ(20)
暁のヨナ(21) [ 草凪みずほ ] 暁のヨナ(22) [ 草凪みずほ ]
暁のヨナ 23 (花とゆめコミックス) [ 草凪みずほ ]

暁のヨナ(23) あらすじ



 高華国と戦の開戦派と非戦派に二分される真国。

 非戦派のタオ姫の屋敷に火をかけられ、彼女を守るため火事の中残ったゼノ…。

 火傷を負ったゼノが再生するのを見た、五星の一人が四龍に興味を持ち…?

 そして、開戦派の機運を高めるコウレン姫は…!?

 番外編も収録!
 2017年4月刊。




暁のヨナ(23) ネタバレ



ヨナ
 イル王の一人娘で公女
 ゼノに、緋龍王の転生した人物だといわれる

ハク
 五将軍の一人、風の部族族長(現在は返上)
 ヨナ、スウォンと幼馴染でヨナを愛しているが、秘めている

スウォン
 ヨナの父方の従兄。イル王の実兄ユホンの息子

ユン
 緋龍城を追い出された神官イクスと共に暮らしていた美少年

キジャ(白龍)
 四龍の一人で、右手に龍の力を宿している

シンア(青龍)
 四龍の一人で、眼に龍の力を宿している。遠視能力もある。
 ヨナにより"月の光"の意の「シンア」と命名された。
 美しい黄金の瞳を持つ。
 目の下の模様は代々青龍にだけ表れる印のようなものであり、力が完全に消滅すれば模様も消える。
 リスのアオがいつも一緒

ジェハ(緑龍)
 四龍の一人で、右脚に龍の力を宿している。 
 驚異的な脚力を持ち、暗器を好み、上空から飛び道具で敵を攻撃するのが得意。

ゼノ(黄龍)
 四龍の一人で、体に龍の力を宿している

タオ
 反戦派の第二王女
コウレン
 交戦派の第一王女

ヴォルド、アルギラ
 タオの配下

ミザリ、ネグロ、ヨタカ
 コウレンの配下


130話、隣国の化物
131話、修羅の王
132話、五星
133話、証
134話、来た道を
番外編、行く年くる年
番外編、お大事に

 真国は、スウォンからの侵略を恐れてまして
 第一王女は女子供も動員しての徹底抗戦派
 第二王女は講和派です

 真国には五星、と呼ばれる武人がいて
 その中のミザリは、第一王女派なのにタオ姫のとこに潜入
 いろいろ工作しますが
 4龍の秘密をコウレンに伝えます

 4龍たちは、自分たちが動くと、高華国と開戦しちゃうって我慢して
 やられるままですが
 ゼノ以外は、怪我すれば治りにくい
 ユンまでコウレンの手に堕ちたので
 ヨナは自分がイル王の娘だと名乗って、4龍とユンの解放を願います

 コウレンは、ヨナがスゥオンと話合えて、真国への侵略をしないと言質がもらえれば
 4龍とユンを解放する、って約束するので
 ヨナはハクと高華国へと戻りますが
 その間も、4龍たちはいたぶられたままで・・

 ここらへん
 展開がつらいので
 ついつい連載を読んじゃうんですが
 ゼノがかわいそうで・・
 早く、先にすすんで、なんとか痛くない方へ流れてほしい・・

 白泉社の漫画(花とゆめ、ララ、メロディ、他)で、おもしろかった漫画を紹介するブログ。←のTOPはこちら。あらすじ、ネタバレしてある漫画のタイトル一覧です。別窓で開きます。

 コミックはネットオフでも安く買えます。1600円以上で送料無料(キャンペーン中だと3冊で無料)

 ネットオフやアマゾンの中古以外にも新刊漫画を合法的に安く買う方法とかも駆使しておりますので←お役に立つとうれしいです。(別窓で開きます)



★★白泉社の漫画で、おもしろかった漫画をネタバレ中
★★集英社の少女漫画で、おもしろかった漫画をネタバレ中
★★外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかった漫画をネタバレ中
★★講談社の漫画、小学館の漫画、角川の漫画、秋田書店の漫画で、おもしろかった漫画をネタバレ中
  ↑
 クリックで、別窓が開きます。









 
 
posted by 花とゆめの最新刊、最終巻のあらすじ、ネタバレ at 00:00 | TrackBack(0) | 暁のヨナ(草凪みずほ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

マダム・プティ(9) 高尾滋 最新刊 王族としての資質 あらすじ、ネタバレ注意

マダム・プティ(9)  白泉社でおもしろかった漫画



 悪魔のような第一王妃・クリシュナに抵抗中の、ニーラム王子と万里子

 山賊に見せかけて殺されかけたりしてますが・・。
 
マダム・プティ(第1巻)
マダム・プティ(第2巻)
マダム・プティ(3)
マダム・プティ(4)
マダム・プティ (5)
マダム・プティ(6)
マダム・プティ(7)
マダム・プティ 8 [ 高尾滋 ]
マダム・プティ 9 (花とゆめコミックス) [ 高尾滋 ]

マダム・プティ(9) あらすじ



 ニーラムを追いかけ、中国人少年としてインド・バロウダ王国へやってきた万里子。

 陰謀渦巻く王宮で開かれる狩猟。
 そこに潜むクリシュナの思惑とは──!?

 二人の運命を揺るがす、激動の9巻!
 2017年4月刊。



マダム・プティ(9) ネタバレ



ニーラム
 第二王子
 母・ミーナを殺したパドマ第一王子を殺すはずが
 陰謀と知り・・

万里子 
 父の借金返済のために駿に嫁いだが
 偽りの結婚で
 その後、パリをうろつき、ニーラムと恋仲に

クリシュナ
 パドマの生母で、悪女

パドマ
 第一王子でありながら、
 母の思い通りにならないからと、母に排斥された

バラット
 ニーラムの世話係

ニディ
 ニーラムの秘書

40〜44話
 ニーラムは万里子と結婚する気満々ですが
 外国女性との結婚
 しかも、宗教も違うから、前途は多難です

 さらに、クリシュナは本気で命を取りに来てますので
 気が抜けません
 
 万里子の側にはニーラムの従者がいるんですが
 その秘書のニディも万里子が嫌い
 玉の輿狙いとしか思えない
 で、万里子も怒り心頭で反発バチバチです

 さて、パドマの子を妊娠中のミーナ妃
 生まれた子が男の子なら、その子に王位継承を、
 と画策中のクリシュナ

 病床の王様も、クリシュナのやりように気付いていて
 ひそかな排斥を狙ってる、ってニーラムにこっそり告げます

 ですがその間も、クリシュナはニーラムがかわいがる中国人の青山(万里子のことね)を
 亡きものにしようと画策して
 山賊多発地帯で、暗殺しようとしますが
 本物の山賊が万里子を助けます

 山賊は、王家の秘宝を守る、っていう秘密の組織でして
 王族としての資質を問う、ってのを代々やっていて
 万里子はその問いに、見事にこたえ
 秘書のニディも、万里子の資質に文句が言えなくなっちゃうの

 さて、そろそろパドマに復活してほしいです
 倫敦で死んだ、ってことになってますけど
 実は生きてるんですよね?!

 次巻が楽しみです(^^)



 白泉社の漫画(花とゆめ、ララ、メロディ、他)で、おもしろかった漫画を紹介するブログ。←のTOPはこちら。あらすじ、ネタバレしてある漫画のタイトル一覧です。別窓で開きます。

 コミックはネットオフでも安く買えます。1600円以上で送料無料(キャンペーン中だと3冊で無料)

 ネットオフやアマゾンの中古以外にも新刊漫画を合法的に安く買う方法とかも駆使しておりますので←お役に立つとうれしいです。(別窓で開きます)



★★白泉社の漫画で、おもしろかった漫画をネタバレ中
★★集英社の少女漫画で、おもしろかった漫画をネタバレ中
★★外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかった漫画をネタバレ中
★★講談社の漫画、小学館の漫画、角川の漫画、秋田書店の漫画で、おもしろかった漫画をネタバレ中
  ↑
 クリックで、別窓が開きます。









 
 

 
posted by 花とゆめの最新刊、最終巻のあらすじ、ネタバレ at 00:00 | TrackBack(0) | マダム・プティ (高尾滋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする